So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
某夕刊紙ネタ ブログトップ
前の10件 | -

サッカーあれこれ [某夕刊紙ネタ]

久々に某夕刊紙ネタです。20日が面白いネタ満載だったので載せちゃいます


ボンバー断髪?
日本代表DF中澤佑二(28)が断髪をかけて甲府戦に臨む。15日のG大阪戦で3失点に絡む失態を見せた中澤はボンバーヘアをバッサリ切る寸前だった事を告白。4試合勝ち星のないなか、23日の甲府戦で再びぶざまなシーンをさらすようならW杯前に”断髪式”も辞さない。
G大阪戦でミスを連発し、決勝ゴールをアシストしてしまった中澤はチームに対して申し訳ない気持ちでいっぱいだった。「今回ばかりはしっかり反省しなければいけない。(失敗を)ほじくり返すのは勇気がいるが、しなくてはいけない状況。ビデオを取り寄せて見直したい」
へこみようはハンパではなかった。「ショックのあまり、髪の毛を切ろうとも思った」とトレードマークであるボンバーヘアのカットも頭をよぎったと言う。4年前に日韓W杯から落選した時にも気分を一新するために短髪にしたことがあった。それ以来再びボンバーヘアの断髪を考えるほどの衝撃をくらった。
最終的には「まだ早いかな」と思いとどまり、趣味の掃除でフラストレーションを発散。「(試合翌日の)日曜の午前中に掃除をしてベランダまで洗っちゃいましたよ。自己満足ですけどスッキリ心も洗い流しました」
ただ聞きは依然続いている。チームは4戦勝ち星がなく、ピリピリムード。岡田監督は中澤と個別面談し「ムードメーカーとして盛り上げてくれ」と異例の要請をした。甲府戦で中澤がまたもや醜態をさらすようなことがあれば、今度こそボンバーヘアを断髪する。

これは深刻だぁ~~!
マリノス一丸となってボンバーの髪を守れ!

ジミーちゃん対決
日本代表DF加地亮(26)にFC東京勢が異常な闘志を燃やし始めた。FC東京は週末の22日にG大阪と対戦する。昨年までFC東京に在籍していた加地との対決だけに燃えるのも分かるが理由はそれだけではない。CM出演が決まった加地にジェラシーを感じているのだ。
加地は松下電器のカーナビのCMに宮本恒靖(29)とともに出演する。
このCMは昨年、宮本と大黒将志が共演し、話題を呼んだ。大黒の海外移籍により今年は加地が指名された。6月からオンエアされる予定になっている。
だが、FC東京勢からは「あの地味な加地がCM?」との驚きの声が上がっている。ある選手は「加地がCM出演と言うのはピンと来ない」と首をかしげるとともに「ウチもそういう話はないのかな」とうらやましがってもいた。
MF今野泰幸(23)は「加地さんとは良く話してたんですよ。”お互い地味だな~””スター性ないよな”って」というエピソードを明かす。どちらの方が地味かライバル意識(?)もあったようだ。
その加地がCM出演できるわけだから今野は「自分も」と燃えている。「地味な人でもCMに出られるって分かって嬉しい。オレにもチャンスがあるかなと。夢がもてますね」
CM出演するには今野も知名度を上げなくてはならない。それにはW杯に出るのが一番の近道だ。今野も「W杯はまだあきらめていない」と言い切る。W杯とCM出演という2つの夢をかなえるためにも「打倒G大阪」「打倒加地」を目指す。

悪いけどこれには爆笑だった。
2人とも決していい男とは言えないもんね^^
まぁ、頑張って下さい。サッカーは顔や性格じゃないですから。

日本代表アンケート
ジーコジャパンでは宮本恒靖がキャプテンを務めている。ただチームの内情をしゃべりすぎたりプレー面でも海外メディアに「宮本は穴」と指摘されたりとキャプテンとしての適正に疑問の声が上がっている。そこで本誌は緊急100人アンケートを実施。宮本がダメならキャプテンは誰がいいのか聞いてみた。
1位に輝いたのが中田英寿で51票を獲得。「やっぱ頼れるのはヒデでしょう」(20代男子学生)と言う声が多い。高原や鈴木、中村など欧州組がここにきて結果を出しているなかで中田はボルトンで苦しんでいる。それでも「チームをまとめるため、自ら汚れ役を買って出る点は評価できる。シビアな海外サッカーも誰よりも知っている」と評価は高い。ファンはよく見ている。
2位は中澤佑二で17票。「不動のCBとして頼りがいがある。ヘッドで得点もできて宮本よりは中澤のほうが」(30代男性会社員)という声が聞かれた。
3位は小野。12票を獲得した。「性格が良さそうでチームはいい雰囲気になりそう」(20代男子学生)との声が多い。また、その温厚な性格で「厳しい注文でも小野が言うと嫌味にならないのでは」(20代女性会社員)。
4位は中村の9票。欧州で結果を残し、プレーもピカイチ。説得力がある」というのが主な理由だ。中には「なんとなく気が弱そう」(30代主婦)と見る人も。
一方で中田は「キャプテンにしてはダメ」のアンケートでも42票で1位になった。理由は「言い方がキツ過ぎてチームの雰囲気が悪くなる」(30代男性公務員)。「チームで結果を出してないのではいいことを言っても説得力がないのでは?」(30代無職男性)との意見もあった。よくも悪くも中田はサポーターの注目の的だ。

代表サポーター100人主将アンケート

中田英寿  51
中澤佑二  17
小野伸二  12
中村俊輔   9
川口能活   6
その他     5

しかし、「チームで結果を出してないのでは・・」と最後に答えたヒト。
無職のアナタにそんな事を言う資格はあるのか?説得力がないのはアナタでしょ!
とっとと仕事を探しなさい!


先日、チビ熊の懇談会がありました。
ヘンに噂になる前にクラスの母にはチビ熊の事はカミングアウト。
通級は今年度中に終わると思うので
来年度からは担任の先生と相談かな

恒例の役員決めもありました。
役員は本当は気乗りしないんだけど6年生までにやらなきゃならない、
理由は一切聞かないっていう空気があるそうです。
3,4年で立候補が集中するというのも聞いているし、
5,6年はみんなやりたがらない・・
6年は大きな役付けがあるとか卒対が入るとかっていうのがあるけれど
5年は何故?って思うでしょ?
5年での役員は別にいいんだけど
年度末に6年生の役員を選出するのを仕切るのが5年生の役員。
それがね・・大変なんだって。まだ一度もやってない母に片っ端から電話をしたり
話し合いをしたり・・・っていうカンジの雰囲気になるらしくて・・・
それがイヤだから3,4年で集中するんだって。
私もチビ熊の通級が終わる3,4年でやりたいという気持ちがあって
今は役員どころじゃないなと思い・・
事前の調査で「やる人が居なければやります」という項目に○をつけました。
そしたら4人のところ、3人しか立候補してない事が判明。
もうこれはやるっきゃないでしょ・・

司会をしていた旧役員さんが
「立候補は3人という事でほかに・・・・」と言った所で
「ハイッ!私がやります!」と手を上げる母1名。
オイオイ、フライングかよ~~~。
役員の座をさらわれてしまいました(泣)
来年度は最初から立候補するぞと誓った私なのでした。


nice!(6)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

Jリーグの移籍はどうなる??? [某夕刊紙ネタ]

何だか聞き捨てならない記事が載ってたので頂きました~★


Jリーグは今季のリーグ戦を終え、各クラブで契約更改がスタートしている。既に各クラブは水面下で来季へ向けた戦力補強に着手。他クラブの選手をリストアップし、クラブ間交渉、情報交換が行なわれている。今季の国内移籍市場のカギを握るのはガンバ大阪。豪華補強で他クラブにとって脅威の存在となる。

Jリーグ初優勝し、関西に旋風を巻き起こしたG大阪は、過去最大となる”入れ替え作業”を今オフに敢行する。日本代表FW大黒将志(25)が来年1月からフランス2部のグルノーブルに移籍する事が内定。得点王のFWアラウージョ(28)はブラジルのクルゼイロに移籍。元日本代表の吉原宏太(27)も今季3試合しか先発出場がなく、移籍を決意している。FW3人の流出に備え、J2に降格した神戸の元日本代表FW播戸竜二(26)をリストアップ。また名古屋レンタル移籍していた浪速のゴンことFW中山悟志(24)を復帰させる。サンパウロのFWアモローゾ(31)の獲得は失敗したが、セレソン級の外国人を補強し、”新・いてまえトリオ”を結成させる構えだ。
現日本代表も獲得する。右サイドはG大阪の弱点で、日本代表DF加地亮(25=FC東京)に対し、満額となる移籍金2億円を用意。F東京にはアテネ五輪代表DF徳永悠平(22)が加入する。
チーム側は加地の慰留に努めるが、右サイドにはMF石川直宏(24)も控えるとあって、加地の移籍は堅い。
G大阪はほかにもJ2に降格する柏から元日本代表MF明神智和(27)、J1に昇格する京都からDF手島和希(26)にオファーを出す。来季はリーグ戦に加え、アジアチャンピオンズリーグを戦うとあって、総額10億円近い大型補強で連覇とアジア王者を本気で狙う。

G大阪以外の代表クラスの移籍では、柏のFW玉田圭司(25)はW杯イヤーをJ2で迎えたくないため、移籍に動き出す気配。名古屋、磐田、大宮らの争奪戦となる。ジーコ・ジャパンに招集されているDF永田充(22=柏)も浦和ら複数クラブが触手を伸ばす構えだ。J2に降格した東京Vでは日本代表入りが嘱望される左サイドのMF相馬崇人(24)に横浜M、大宮が興味を示している。日韓W杯に出場した元日本代表DF森岡隆三(30)は出場機会を失い、移籍志願の構え。古巣の鹿島、名古屋が動いている。
アテネ五輪代表FW高松大樹(24=大分)は浦和への移籍が決定的。昨オフも移籍濃厚と言われていたが、今オフはクラブが財政難に見舞われ、満額1億5000万円の移籍金の支払いを条件に放出を容認。C大阪もオファーを出しているが環境面で浦和有利とみられている。

★今オフ国内移籍がウワサされる主な選手★

FW玉田圭司(柏=日本代表)→名古屋、磐田、大宮、新潟
MF明神智和(柏=元日本代表)→G大阪
DF永田充(柏=元日本代表)→浦和、大宮
MF相馬崇人(東京V)→横浜M、大宮
DF加地亮(FC東京=日本代表)→G大阪
DF那須大亮(横浜M=アテネ五輪代表)→京都、磐田
DF森岡隆三(清水=元日本代表)→鹿島、名古屋
MF服部年宏(磐田=元日本代表)→横浜M、大宮
FW中山悟志(名古屋)→G大阪
DF手島和希(京都)→G大阪
FW吉原宏太(G大阪=元日本代表)→鹿島、新潟
FW黒部光昭(C大阪=元日本代表)→京都、名古屋
FW播戸竜二(神戸=元日本代表)→G大阪
FW高松大樹(大分=アテネ五輪代表)→浦和、C大阪


え・・?那須が・・・?聞いてないよぉぉ~~~(泣)


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

あんな事こんな事・・・ [某夕刊紙ネタ]

だんご、おさかなに続けるか

「おかあさんのカレー」って歌、知ってる?
実はこの歌が今、関西で話題沸騰中、その勢いを駆って関東へ、そして全国制覇を狙っている。インディーズながらオリコンチャートで30位に入る人気ぶりで、早くも第2の「だんご3兄弟」「おさかな天国」になるのでは?と評判なのだ。
この歌を作詞、作曲し歌っている「全力投球ワンダーフォー」を直撃してみると・・・

「全力投球ワンダーフォー」というケッタイな名前のバンドはジャイアン、小パンダ、みや~ん、海亀の4人組。ボーカルは紅一点の小パンダが担当している。
♪ニンジンきらい ダメダメ タマネギきらい ダメダメ お肉ばかりもダメダメ
みんな煮込んで コトコト ぼくもワタシも
大好きな おいしさいっぱい作ってね おかあさんのカレー・・・と彼女の歌声がラジオから流れると子供はリズムをとって踊り出し、ないている赤ん坊は泣き止むという。
そう、この歌はラジオから火がついたのだ。それもそのはず、彼らは全員、大阪の朝日放送の社員。担当するAMラジオ番組「全力投球!!妹尾和夫です」で同曲を流したことが今回の大ヒットのきっかけとなった。
曲を作った経緯をジャイアンこと浅尾武史さんはこう説明する。
「我々は番組のスタッフ、裏方なんです。6月に『なんか歌作らへんか』ということになり、小パンダ(太田涼子さん)が『カレーの歌がいい。それもお母さんが作るようなカレーの歌が』と提案し、あっという間にできたんです」

それからが凄かった。
6月末にオンエアすると大反響。「もう一ぺん聴きたい」「CDにならんのか?」などのファクスやメールが同局へどっさり届いた。それを受け8月17日に自主制作でCDを出すとオリコン30位、インディーズチャートでは見事1位に輝き、現在まで2万6000枚を売り上げている。
こうなると他のテレビ局も無視できない。日テレの「ザ!情報ツウ」は3回も取り上げ、フジの「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」もプロモーションビデオを流した。
また、保育園や幼稚園では運動会やお遊戯会で使い、スーパーは野菜売場などで流している。スーパーにわざわざCDを持って来て、「これかけてんか!」という者まで出た。
小パンダによると「イベントなんかでは子供たちが最前列に出てきて凄く楽しそうに踊っている」とか。まさに「だんご3兄弟」の再現だ。
10月からは第一興商の通信カラオケにも入り「メンバーで歌ってますよ。自分たちで歌うのはなんだか不思議な感じです」(海亀こと奥川和昭さん)
周囲からは”紅白出場?”なんて声も出始めている。ジャイアンも「まさか。我々も冗談では時々話してるんですけどね」とまんざらでもなさそうだ。
彼らの歌について”浪速のモーツァルト”キダ・タローは「覚えやすくてええんちゃうか」とおほめの言葉。関西発のカレーソングが全国に飛び火する日も近そうだ。


草彅くんの髪心配

SMAP・草彅剛(31)の髪の毛を床屋さんたちが心配している。「『植毛したほうがいい』と思う有名人」という床屋アンケートで屈辱のトップに草彅が選ばれたのだ。本紙が追跡取材したところ、”草彅ヘア”は芸能界でも密かな話題に。本人も相当ナーバスになっているようで・・。

調査を行ったのは「日本自毛植毛センター」という自毛植毛の普及啓蒙、調査研究、消費者保護を目的に設立したNPO法人だ。
同センターは昨年11月から今年の2月の間、理容店経営者や従業員からの薄毛や脱毛に関するアンケートを集め、「毛髪白書2005年度版」にまとめた。
問題の「『植毛したほうがいい』と思う有名人」という問いに、理容業者が名前をあげたのは15人。なんとは草彅、志村けん、小倉智昭、タモリ、モト冬樹(2位から5位)を抑えて堂々の1位だった。
30代は草彅と西武ライオンズの和田一浩外野手(33)だけで、しかも草彅は15人中最年少だ。ほかに主だったところでは、石田純一、田原俊彦、谷村新司、松平健、松山千春、美川憲一と、みな明らかに薄毛や”ヅラ疑惑”のある面々。
理容業者の有効回答は70.さほど大規模なアンケートではなかったのが救いか?!だが草彅は、国民的人気アイドルグループの一員。志村の6票、小倉とタモリの5票より多い7票を集めてしまった。これほどの屈辱はないだろう。
芸能人の間でも”草彅ヘア”はひそかに話題になっていた。あるバラエティー番組スタッフも最近、某有名タレントたちがこんなヒソヒソ話をしているのを耳にしたという。
「草彅クンの頭、かなりきてるよねぇ?」「ありゃあ相当ヤバイよ。だって私にはシャレコウベにしか見えないもん・・・」当然本人だって気にしてないはずがない。99年から5年連続で「ベストジーニスト」に選ばれ”殿堂入り”するほどオシャレに気を使ってる草彅は、髪の毛に関してはことウルサイらしい。
フジの人気番組「SMAP×SMAP」関係者が暴露する。
「ヘアメークさんはすごく大変ですよ。髪型がきまらないとカレ、すごく不機嫌になっちゃうから。草なぎクンが『何百万人の人が俺を見ていると思ってんだよ!』ってブチキレた、なんて話も聞いたことあります」
草彅は韓流ブームがくる前からハングルを勉強していた努力家。いまいちブームに乗り切れてないのは、やっぱり髪の毛のせい!?とりあえず、髪を大切に・・・。

○・・「植毛したほうがいい」と同時に行われた「『かっこいい』薄毛・脱毛等の有名人」というアンケートの結果、25表以上集めたブッチギリのトップは、なんと所ジョージと竹中直人だった。


宮本負傷で出てきた「代表DF再編チャンス」の声

宮本の不在で日本代表の再編に拍車がかかる。22日のJリーグで日本代表DF宮本恒靖(28=G大阪)が右ヒザ側副じん帯損傷で全治4週間の大けがを負った。千葉と対戦するナビスコ杯決勝(11月5日、国立)はもちろん、日本代表のアンゴラ戦(11月16日、国立)の出場も絶望的だ。日本代表にとって大きな痛手だが、一方で関係者の多くから「これでジーコ監督の理想のサッカーができるかもしれない」という声があがっている。
日本協会関係者の一人は「ガンバにとっても厳しいが、代表にとっても痛い。宮本は東欧遠征に行ってないから守備連携の課題を修正するチャンスは来年までない」。最後の海外組召集となるアンゴラ戦欠場は、宮本だけでなく日本代表守備陣に大きな影を落とす。
だが、こんな不安をヨソに「実はこれはプラス材料」といった声もある。
あるクラブ関係者は「これで宮本が使えないとなればジーコは4バックを本格的にやり始めるのではないか」と戦術変更を予想。「宮本の守備には以前から不安がある。DFとしては背が高くない(176センチ)から、世界では厳しい。この機会に背の高い選手をセンターバックに起用すれば4バックの戦術を固められる」というのがその根拠だ。
ジーコ監督は東欧遠征で箕輪義信(29=川崎)を初召集。急成長を遂げている。ここに不動のセンターバック・中澤佑二(27=横浜M)が加われば、最強の布陣が完成する。ジーコ政権下のベストバウトといわれるのが、4バックで臨んだコンフェデ杯のブラジル戦。これに「高さ」が加わればさらなる期待が持てる。宮本離脱から生まれた日本代表のピンチは大きなチャンスに変わるかも知れない。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース

芸能界あれこれ・・・ [某夕刊紙ネタ]

*記事追加しました


矢田亜希子と押尾学「似た者同士」説

”年内結婚説”が流れている矢田亜希子(26)と押尾学(27)だが、かたや清純派で売る女優、かたや「元ワル」を自称する”危険な男”だ。不釣り合いかと思いきや、意外とそうでもない。

「矢田はもともと、テレビでのイメージとは全く逆の子。プレイボーイで元ワルの押尾とはある意味”似た者同士”ですよ」とはさるアイドルライター。
「地元を取材しましたが、同級生いわくマジメな清純タイプではなかったそうです。中学のころは、毎朝のように違う男の子が迎えに来るほどモテモテ。高校時代は渋谷のチーマーと仲良くしてました。それも幹部で、元チームメンバーいわく「『下っ端の間では高嶺の花』だったらしい」
たしかに押尾の経歴と似ている。Vシネマ「新・湘南暴走族」(98年)での主演デビューするや、「100人以上の暴走族の元ヘッド」という経歴をプロフィルに付け加え、その後も「K連合の総長だった」とか「20対1(のケンカ)で勝った」といった武勇伝を堂々と公言している。
この夏、東京・隅田川花火大会(7月30日)では、テレビからは想像もつかない矢田の素顔が目撃された。熱烈ファンの女性にものすごい剣幕でブチキレたのだ。
「矢田さんは女5~6人ぐらいで来てました。ファンだったからケータイのカメラで写真を撮ろうとしたんです。そしたら取り巻きの子たちに『プライベートなんだから撮らないでよ』ってけっこう強く言われて、矢田さんにも『もう!プライベートなんだからッ!』ってものすごい剣幕で怒鳴られたんです。私も悪かったかもしれないけど、あまりにショックで・・・。ファンはやめました」
この1ヶ月後、矢田は押尾とのお忍びで出かけたハワイ旅行がフライデーされ交際が発覚している。


伸び悩む最新シングルセールス
宇多田の打開策はTV出演だが実現できない裏事情

宇多田ヒカルの最新シングルが低空飛行中だ。カンフル剤に本人出演のプロモーションをかけたいところだが、再び太り気味の宇多田に「マイナス効果かも?」と陣営はアタマを抱えているという。
17ヶ月ぶりのシングル「Be My Last」は初登場チャート1位の定位置を獲得したものの、何と2週目で6位急落。今までの宇多田では考えられないこと。しかも9日までのセールスは約10万枚。”歌姫”にすればあまりに物足りない数字だ。
当初、音楽界では「宇多田のことですから、初回で30万枚くらいは出荷しているでしょう」(某音楽ライター)と言われていたのに、半分以下の売り上げとは・・・。
宇多田陣営にすればもちろん巻き返したいところ。しかし、あるレコード会社関係者は「一番、即効性のあるのが本人のテレビ出演。ただ、いまの段階では逆効果かも。一時はやせたのに、なぜかちょっと太めに戻っている」。プロモーションビデオでも分かるくらいにまで”発達”しているというのだ。
いくら宇多田のウリが歌唱力だといっても、ファンの多くは容姿も気に入っているという。「レコード会社としてはやせてくれ、とか言える立場ではないでしょう。映画公開までには何とかしてほしいというのが実情のようです」と同関係者。
今回のシングルは映画「春の雪」(29日公開)の主題歌。「宇多田が映画のPRに参加する話は進んでいるみたい」(同関係者)という。
映画がヒットすればシングルが再び脚光を浴びるチャンス。だがそれは宇多田にとっては屈辱的なこと。なぜなら「映画に注目を集めたかったから、映画会社は宇多田を起用した」(前出の某音楽ライター)からだ。宇多田の歌姫伝説に国内でも陰りが見えてきたか。


ハッスル元彌だ!!

「ハッスル・マニア」(11月3日、横浜アリーナ)に電撃参戦する「世界一有名な狂言師」和泉元彌が12日、リング出撃に至った心境を告白。「狂言と同じエンターテインメントとしてハッスルを選択した」元彌だが、決め手となったのは7月11日に亡くなった、橋本真也さんの言葉だった。

飛行機の到着遅れのため、5分遅れで現れた元彌は「もともと格闘技やプロレスは好きだった」と明かした。
「大阪でハッスル11(7・15)を見たときに、これは今までのイメージと違うなと。格闘技やプロレスの枠を飲み込んだエンターテインメントだと感じた」と続けた。ハッスルに狂言と相通じるモノを感じ取ったのだ。
ファイターとしては、腕力不足は否めない。ただし、精神力、表現力を武器として戦うことには自信を示した。「狂言は600年前に生まれたエンターテインメント。現代から挑戦状を叩きつけられた」とハッスルをとらえ、狂言の舞台で培った経験を生かして戦う。
決定的な出来事もあった。「ハッスルキング」橋本真也さんとの出会いだった。ダブルブッキング騒動などで、元彌が芸能界を騒がせていた時に、飛行機の隣の席に橋本さんが座った。
橋本さんに「(心が)強い。スジが通っている。(狂言もプロレスも)四角い舞台。何か一緒に作ることができたらいいね」と話しかけられ、名刺を手渡しされた。右肩の負傷に苦しんだ橋本さんが、復帰を目指していたのがハッスルのリング。橋本さんの思いにも背中を押されて、元彌はハッスルマニアに参戦することになった。
必殺技の「空中元彌チョップ」を猛特訓中という元彌は、11・3決戦ではハッスル軍、モンスター軍のどちらにも属さず、スペシャルマッチリングに上がる。
母・節子さんについては、草間政一GMが「セコンドかパートナーかそれも含めて期待してください」と、出陣を示唆した。対戦相手は世界的に有名な芸能人で、アッと驚く大物がリストアップされている。
「大きな花火一発だけでなく、奇麗な花火を一緒に上げていきたい」と元彌は継続参戦も表明した。


梨元勝の特捜リポート

「村上タイガースなんてありえません!上場もファンの皆様の声を聞いて・・・」の村上ファンド、村上世彰氏(46)と「ナハ!ナハ!」のせんだみつお(58)が、意外でビミョーな関係だという。あまりにミスマッチ?な2人の結びつきを芸能リポーターの梨元勝氏が緊急報告。

「村上ファンド」の名前が連日マスコミを飛び交っているが、それを率いる村上氏が、芸人せんだみつおにあこがれていたという。
村上氏は灘高→東大法学部→通産省と超エリートの道を歩み、99年に株式会社M&Aコンサルティング(村上ファンド)を設立する。
実はその灘高時代、高2の文集に<僕は将来、絶対にどでかいことを一発やるぞ>と記しながら、せんだへの”思い”をつづっている。<せんだみつおに会いたい。ああいうふうになりたい。生きてみたい。巨泉事務所(その当時、せんだは大橋巨泉事務所に所属)に入って、せんだの弟子になりたい>という趣旨の文章を綿々と書いているのだ。
ニュース番組など一部で取り上げられ、話題になっている。ところが先日、その2人がバッタリ会ったのだ。
「都内のPホテルです。結婚式の打ち合わせを終えて出て来ると、玄関先であいさつを交わしている2人がいたんです。見ると、タクシーに乗ろうとした村上さんがタクシーから降りて、なんと、せんださんと名刺交換してるのです」(目撃者)
10月10日、午後6時過ぎのことだという。
名刺交換したというから、2人は初対面。高2の時に文集に書いた村上氏としては、さぞかし”感激”しただろう。
「ホテルスタッフにガードされるように出てきて、タクシーに乗り込もうとしたせんださんが駆け寄ったんです。そして『お騒がせしてます』と声をかけると、村上さんが『こちらこそ、ご迷惑をかけているようで』とニコヤカに話してました。それから名刺交換して・・・」(前出の目撃者)
お互いにマスコミに報じられていることを知っていた状況が分かる。
村上氏が作文を書いたのは17歳前後、今から19年近く前だ。そのころ、せんだは「噂のチャンネル」(日本テレビ系)、「銀座NOW」(TBS系)などに出演し、まさに全盛期の時である。
村上氏のその後の人生は、あこがれとは全く違った通産官僚、そしてファンド会社代表の道を歩む。目撃談を聞いた後、そのせんだみつおに連絡が取れた。
「ビックリしましたよ。ちょうどニュースが報じられたその日でしたから。何か運命の糸も感じますね。これからはぜひ、せんだみつおの株も上昇させてほしいです。ナハッ、ナハッ、ナハッ」と笑いながら答えるのであった。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース

あの俊輔が「ぜっこうちょう」?! [某夕刊紙ネタ]

昨日の某夕刊紙にこんな記事がありました。


俊輔舌口調

12日にウクライナと対戦する日本代表はラトビアから移動後、現地で初練習を行なった。東欧遠征では首相のDF宮本恒靖(28=G大阪)が不在の中、MF中村俊輔(27=セルティック)が報道陣にチーム戦術やミーティング内容を説明するなど、代表のスポークスマンに就任。中田英寿(28=ボルトン)を抑え、完全にジーコジャパンの主軸になったとあって、舌の方もすっかり絶好調となっている。

中村が別人となっている。これまで試合前日や当日を除けば、報道陣の前では、ひと言ふた言話すだけだったり、無言で通り過ぎてしまうことも多かったが、今遠征中は連日、真っ先に出てくるや最後の選手がバスに乗り込むまで10分以上も話すことが恒例となっている。
内容はジーコ監督のミーティングの話だったり、その日に行なった練習、戦術面の意図やチームの雰囲気など多岐にわたる。今遠征では宮本が召集されていない。宮本は代表の秘密ごとまで話してしまう”おしゃべり男”のレッテルを張られているが、中村も負けず劣らずのスポークスマンぶりを見せている。
この冗舌ぶりはジーコジャパンでの地位確立にある様子だ。2-2の引き分けとなったラトビア戦では、中盤をダイアモンド形にする新システムが採用された。4-4-2のシステムでは、これまで中田英とともにダブル司令塔となる形が多かったが、ダイヤモンド形の頂点に位置する単独司令塔の座を与えられた。気分が悪いハズがない。
ウクライナ戦では再びダイヤモンド形の頂点に入り、ボランチ右に中田英、左に稲本、中央に中田浩を従える。「イナ(稲本)が引いて、ヒデさん(中田英)が上がってきてもいい。攻撃的にやりたい」と中田英に対し、同列のポジション要求する余裕もある。
チーム内には風邪が流行。中村も前日まで38度の熱があった中、この日はフルメニューをこなした。居残りのFK練習では、中村の技を盗むと豪語していた松井と勝負。圧倒的な技術差を見せつけ、「(盗むのは)絶対に無理」と松井を脱帽させ、ますます気分を良くした。「ウクライナとやれるチャンスはめったにない。(出場しなかったら)もったいないからね」。中村は競合ウクライナ相手に一泡吹かせるつもりだ。


シェフチェンコ出場は親友の中田次第?

ウクライナのブロヒン監督は「日本とはW杯で戦う可能性がある。もうテストは終わった。日本戦はベストで行く」と話し、2-2で引き分けた8日のW杯欧州予選のアルバニア戦よりもベストメンバーを揃え、本気度を高くして臨んでくるという。しかし、肝心のエースFWシェフチェンコ(28=ACミラン)の出場が怪しい。アルバニア戦では、先発出場も後半に交代。右足負傷という情報がある一方で、仮病と言う話もあり、いずれにせよ日本戦には、照準を合わせていないと言うのだ。
日本イレブンの間では、シェフチェンコに脅威を抱くと同時に昨年のバロンドール(欧州最優秀選手)に輝いたスピードと迫力を生で体験したいというのも本音。そのため選手内からは「ヒデさんが頼めば大丈夫じゃないの?」と、中田英を通じて「出場コール」の要請まで出た。
中田英は、シェフチェンコはプライベートでも仲が良い友達と公言している。シェフチェンコの出場は日本協会との間で”契約”されているという噂もある。加えて中田英が最後にダメ押しすれば万全というワケだが、こればかりは試合当日まで分からない。


いよいよ今日ですね~、ウクライナ戦。^^
さてさて、どんな試合になるのでしょうか??
私は夢の中かも知れないけど^^起きてたら見ようと思います♪


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

えめるそ~~ん [某夕刊紙ネタ]

聞き捨てならない記事が出ておりました。でも某夕刊紙だからね・・・^^

タイトル

エメ来季J復帰?

「そんなの知ってるよ」という方も多いかと思いますが・・・
某夕刊紙ではありますが・・・
マリノスが絡むと読まずにいられませんっ!

それでは記事をご覧下さい↓


あのお騒がせ男・エメルソン(24)が来季、Jリーグに復帰する可能性が高まっている。今年7月に浦和レッズを電撃退団してカタールのアルサドへ移籍したエメルソンだが、退団が決定的な状況。代理人によるJクラブへの売り込み情報も浮上し、関係者の間では横浜F・マリノスへの移籍が噂されている。プレーさながらの”速攻”はまだまだ健在だ。

エメルソンは浦和との契約が残っていたにもかかわらず、7月11日にアルサドへ電撃移籍。移籍金500万ドル(約5億6000万円)、年俸600万ドル(6億7200万円=いずれも推定)という条件はもちろん、夫人の病気でブラジルに帰国している中での交渉だったことが浦和だけでなく他クラブの関係者たちにも衝撃を与えた。

だが、そんな大騒ぎの末に移籍したエメルソンはいきなり故障し、チーム合流が遅れた。アジアチャンピオンズリーグにも出場し、釜山との準々決勝第2戦でゴールを決めたがチームは敗退。そこで使命を終えたかのように、エメルソンは再びブラジルに帰国してしまったという。

カタールのリーグ戦日程はまだ残っているが、本人はすでに退団の意思を固めたもよう。ブラジルのクラブへの移籍を希望しているが、代理人は日本でも売り込みを開始した。Jリーグはすでに今季の外国人選手登録期限を過ぎてしまったため早くても移籍は来季となるが、それでも交渉を進めていくとみられている。

そんな中で、Jクラブ関係者たちの間でささやかれているのが横浜Mへの移籍。横浜Mにはエメルソンが2000年に札幌で活躍した時の指揮官・岡田武史監督と、当時の札幌の強化部長だった小山哲司GMもいる。

横浜Mのある関係者は「まだ岡田さんが来季もウチの監督をやるかどうかも決まってないのに、そんな(エメ獲得の)話が決まるわけがない」と全面否定しているが、他クラブのある強化担当は「岡田さんとエメのきずなはかなり太い」とも証言。過去、ジダンやデルピエロといった大物獲得に動いたほど資金力豊富なのも現実味を増している材料だ。

本来なら浦和に戻ってもよさそうだが、「ウチはない。一度壊れた現場との関係は修復できない」(浦和関係者)。遅刻常習犯のエメルソンの素行に嫌気がさしたブッフバルト監督、犬飼基昭社長などに”アレルギー”は今も残っている。浦和サポーターの中には「エメの怖さはよく知っているだけに、敵に回したら厄介」と浦和復帰を願う声もあがるが、500万ドルで売った選手を再び同じ値段で買い戻すことには抵抗がある。

欧州移籍の目も薄い。
エメルソン本人が乗り気でないことに加え、知名度の低さから高額移籍は望めず、代理人にとってはうまみがない。Jなら実績は十分だし、素行不良などを度外視してでも欲しがるクラブが多いのも承知している。

嵐のように去っていってしまったエメルソンだったが、来年の春には再び日本で嵐を起こしているかもしれない。


この記事を見た時「え・・・?マジですか?」と思ってしまった・・・
そうなると今の3外人のうち、誰かがクビになっちゃう訳ですよ。
ドゥトラはまだ必要だけど、マグロン?グラウ?
どっちもイヤだぁ~~~~!!!

・・・かと言って敵に回るのもイヤ~~な選手。
出来れば他の国へ行って頂きたいものです。

・・・と思ったらこんなニュースが飛び込んできた!

岡ちゃん続投???

もしかしたらもしかしちゃう???


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

芸能界あれこれ・・・ [某夕刊紙ネタ]

昼ドラ主演女優 離婚の法則

離婚会見で大沢樹生(36)は去り際につぶやいた。「ジンクスにのっとっちゃいましたね」。
ジンクスとは「昼ドラのヒロインを演じた女優は不幸になる」というもの。いわゆる「昼ドラ女優不幸の法則」だ。
喜多嶋は10月からスタートするフジテレビ系の昼ドラ「緋の十字架」の収録真っ最中。2ヶ月前から別居していたため「ジンクス」が当てはまる?芸能リポーターの石川敏男氏は「喜多嶋にとっては昼ドラのジンクスが最後の一押しになったのでは」という。
今回の離婚劇は会見に集まった報道陣がクビをかしげるほど不可解な点が多い。子供は2人で面倒を見て、慰謝料はゼロ。親権は喜多嶋が持つのだが、子供は大沢の家に残る。
石川氏が言う。「喜多嶋は昼ドラという過酷なスケジュールで根詰めて自分自身も追い込まれているはず。話し合いもできない厳しい状況の中で、夫へのうっぷんなどを消そうとしていたものが逆にわき上がったのでは。しかも昼ドラに出ることで生活力を得た。だから最後の一押しになったのでは」。
これまで昼ドラに出演して離婚した女優は「真珠夫人」の横山めぐみ、「楽しい幼稚園」の高岡早紀、「愛しき者へ」の国生さゆり、「幼稚園ゲーム」の中村由真ら。
なぜこの法則が次から次へと当てはまるのか?
「昼ドラは東京キー局の制作が少ないのです。大阪名古屋がほとんど。だから地方で収録が行われることが多く、いわゆる”地方出張”になる。するとダンナに会わなくてすむし、ほかの男性に目がいくこともあります」(ドラマ関係者)。
さらに今は「キッズ・ウォー」のように昼ドラが高視聴率を取ることも。「人気女優として再注目されることもあり、1人でも十分生きていけるだけの生活力が付くことになるのです」と分析。そして離婚街道まっしぐら。
ではこの法則に次にあてはまる芸能人夫婦は?
芳本美代子・金山一彦夫妻が本命視されている。芳本は今年の春も「湯けむりウォーズ」という昼ドラに出演。ただ「あの夫婦は過去に夫の不倫疑惑という最大の危機を乗り越えているし、女児も授かって大丈夫では」(石川氏)。
ひとまず安心といったところだが、あるワイドショー関係者は別の見方をする。
「かつて別居までした芳本夫妻にはずっと仮面夫婦説が流れています。彼女は1人でも生活できるだろうし、法則通りにいけばやはり大本命ですよ」と指摘。芳本がピンチ?

 

”共演女優キラー”上川隆也にスキャンダル処女・仲間由紀恵が狙われてる!!

来年のNHK大河ドラマ「功名が辻」で山内一豊の妻・千代役を演じる仲間由紀恵(25)。これまでsキャンダルとは無縁だったが、今回は「大ピンチ」らしい。一豊役が「松島菜々子、竹内結子、財前直見、鶴田真由など過去に共演した女優と噂になったことがある上川隆也だからです」(芸能プロ関係者)。
上川のモテまくる理由は?「とにかくマメ。ドラマの収録に入っていても必ず電話する。しかもメールではなく直電。多い時は1日に5~6度も掛ける。話が上手で、休憩時間になると共演女優と台本の読み合わせなどをしてすぐに食事のアポをとってしまうそうです」(制作プロ関係者)。
そんな上川の好みのタイプは「目が大きくスレンダーな美人が大好き。ロングの黒髪ならいうことないとか」(芸能プロ関係者)。まさに仲間は上川の”ド真ん中”なのだ。

 

お笑い芸人がモテモテのウラに自ら主宰する極秘「合コンサークル」の存在

なぜ、お笑い芸人がモテるのか?その謎を解くカギが極秘「合コンサークル」の存在だ。「安達祐実と電撃結婚したスピードワゴンの井戸田潤が『魁!井戸田塾』なる合コン団体を持っていたのは有名な話。他にも人気芸人の大半が自分の主催する合コンサークルを作っているようです」(放送作家)。ネプチューンのホリケンが主宰する「君も僕も恋しようよ会」、くりぃむしちゅー有田哲平主宰の「しゃくれ会」、カンニング竹山隆範が仕切る「もんくある会」などで、「参加したら必ず次回は自分が主催しなければならない暗黙の了解があるそうです」(若手芸人)。
アンガールズの山根良顕と山川恵理佳、アンジャッシュの渡部建と熊田曜子らをはじめ、「有田とフカキョンはもちろん、結婚したネプチューンの名倉潤と渡辺満里奈、藤井隆と乙葉もこれらのサークルが出会いの場だと聞く」(放送作家)。
もっとも、ある程度のレベルに達しないと、人気タレント参加の合コンには呼んでもらえないそうだが。

 

もう破局!?プレーボーイ・押尾学の「1クールグセ」のエジキとなった矢田亜希子

8月末に熱愛が発覚した俳優の押尾学(27)と女優の矢田亜希子(26)。ところが、すでに「破局した」との噂が芸能界を駆け巡っている。何でも原因は押尾の困ったクセだとか。「プレーボーイの押尾は業界内で”1クールボーイ”とも呼ばれています。”1クール”とはテレビ用語で3ヶ月という意味。押尾は3ヶ月以上、1人の女性と続かないようです」(制作プロ関係者)
2人は今年4月開始のドラマ「夢で逢いましょう」(TBS)で共演し、交際が始まったのは今夏といわれている。しかし、1クールで矢田は飽きられてしまったらしい。「純粋な彼女は押尾を忘れられず、かなりショックを引きずっていると聞く」(ドラマ関係者)。
”はしか”にかかったと思うしかない矢田である。

 

梨元勝の特捜リポート

人気グループTのK・TとAの「結婚発表間近説」が流れている。現在もAのマンションの駐車場にはK・Tの四輪駆動の車が!
発表近し・・・の説はファンの情報から。
<11月22日、「いい夫婦」の日はAの30歳の誕生日。そこで何かあるのでは。仲人は99年にテレビで共演したN・M夫妻>。入籍か、挙式か、その前に結婚会見か・・・マークしている。
次は不倫疑惑、渋い俳優I・Kとお天気キャスターAの親密交際の噂。2人でゴルフに行ったり、彼のレースを応援に行ったり。コンサートを見に行ったりするAの話題に。もちろんI・Kには妻が!「夏休み、2人でバンコクに行く話しもあったようですが、マスコミにマークされて中止にしたとか!」(テレビ関係者)
I・K側は「Aさんとは単なる友達。意図的に情報を流しているヤツがいる」と激怒。Aさんも”ストーカー行為”で、父親か警察に相談したと言う。
続いては覚せい剤疑惑。超大物女性歌手B。現在当局が内偵中。
「千葉県内の組織から3度にわたって購入したと言う話。いま周りを固めているか、ゆくゆくは本人から事情を聴く」(厚生労働省麻薬Gメン関係者)
相変わらず繰り返す”芸能界クスリ汚染”の噂。事実なら本人がすべてを失う。
アダルトビデオ出演の噂もあるグラビアアイドルのY・M。デビュー前にAVに出演していたと言う話。<千葉県N町のレンタルビデオ屋で借りました。そっくりさんとかではなく、100%本人>と具体的な投稿が私のところに寄せられている。デビュー前、”アルバイト感覚”で出演したのでは・・・という話、果たして本人なのか。
最後に”消し忘れビデオ”の噂。男性タレントAが、女性アイドルSを家庭用ビデオで撮影した。
「キスするからね」と、ビデオを回しながらAがSに迫るシーンなど、なかなかリアルだと言う。ネット上に流出しているという話もあるが、ナゼにそうなったかは不明。さて、どこまでが本当なのか。

 

一番のマザコン男は誰だ!!

男のマザコンは夫婦生活へも影響するのか・・。6月末に”できちゃった入籍”した人気歌舞伎役者の中村獅童(33)と竹内結子(25)がいよいよ、10月から新居で遅ればせながらも新婚生活をスタートさせるが、梨園関係者の間からは「獅童はマザコンだから大丈夫か・・・」と、心配する声が上がっている。
獅童の母親が超ステージママであることは知られている。「それを知っているから、前の彼女の篠原ともえは獅童の母親に『竹内と別れさせて!』と直訴したとか。その母親に篠原が気に入られてなかったんだから皮肉な話です」(ワイドショー関係者)
その母親、竹内のことはお気に入りだったという。ただし今後はどうなることやら・・・。
坂上忍(38)は2年前に元スッチーと離婚したが、「マザコンも原因」と知人のマネージャーは言う。「お母さんは新宿でスナックをやっていて、忍のために客のマスコミ関係を優遇していました。いうなれば陰のステージママです。忍も愛情に甘えて、女性問題はすべて母親に相談してました。ほかの女性が入るすきがないですね」
これと似ているのは和久井映見(34)と離婚した萩原聖人(34)。「妻やかわいい子供が待っている自宅には帰らないのに、母が居る実家に行っては、飯を食わしてもらっている。新婚当初から母親離れしてなかったから・・」(ドラマ関係者)。
本来マザコンだが、強い女と結婚したことで夫婦生活が円満にいっているのは長渕剛(49)だと言われている。「今の長渕を見ると信じられないでしょうけど、かなりのマザコンでしたよ」と話すのはベテランの音楽関係者。
「長渕は問題が起きると、たいてい母親に相談していたそうです。今はその代わりを女房の志穂美悦子がやってます」
マザコンゲインにはしっかりものの女房が必要ということか。


nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

総選挙のウラ 大暴露座談会 [某夕刊紙ネタ]

本日3つ目の記事になります(^^ゞ

衆院総選挙は自民党の圧勝に終わりましたね。ウチの方は民主が強い土地柄なのですが、選挙期間中に「今回は非常に厳しい状態ですので・・・」と電話があったり、連日チラシがポストに入ったり・・。他の候補はこういう事をしていないのに、なんだかなぁ~と思って・・他の候補&党に入れてしまったおいらです。

正直、政治にはトンと疎いのですが、いつもの某夕刊紙で面白い記事を見つけました。


「変人」「刺客」「郵政民営化」に、小泉首相と小池百合子環境相の「婚約説」まで飛び出した衆院総選挙。自民圧勝で幕を閉じたが、水面下では「女」性候補たちの熱~い人間ドラマも展開された。そこで本紙の担当記者が座談会を行った。小泉首相とともに天気まで味方につけたあのマドンナ、松田聖子が憑依した?!2人の刺客などなど・・。大メディアが報じない選挙の舞台裏を徹底リポート


出席記者

A デスク  B 自民担当  C 民主担当  D 裏ネタ担当  
E 片山さつき担当  F 佐藤ゆかり担当  G ホリエモン担当
H 小林興起担当  I 中京担当  J 大阪担当


 ナマの女性候補たちはどうだった?

 片山さつきは序盤こそ笑顔を振りまいていましたが、”聖子ちゃんカット”をバカにされた報道が多くなり、後半戦に入ると態度がひょう変しましたね。でも、遊説中にちょこちょこ”80年代っぽい動き”が出ちゃうんですよ。突然スキップしだしたり、小首をかしげていわゆるブリッコポーズしたり・・。だから「聖子ちゃん」って言われても仕方がないんです。

 野田聖子は、握手のしすぎで右手の指2本にずっと包帯を。左手もドアに挟んだとかで、最終日まで手全体に包帯を巻いていた。そんな痛々しい姿が支持者の涙を誘った。でも裏では、「実はケガなんて大したことなくて作戦だったんじゃねえのか?」って声もあった。

 愛知4区の藤野真紀子は?

 カリスマ主婦ぶりを発揮。スーパーの前で演説やってそのあと中でパンとかお菓子買ってスタッフに全部持たせていた。プリンをムシャムシャ食べたりして、買い物客との握手はそのついでといった感じ。スタッフは「俺も20年やってるけどこんなの初めてだよ」ってブーたれてた。

 大阪はどうでした?

 辻元清美は意外と巨乳で90センチ級のボインがTシャツを突き上げてたな。高市早苗は信じられないくらい厚化粧で、カメラマンにも「そこから撮らないで!」とか超うるさかった。それとウソ泣きが松田聖子並み。刺客に決まった時にも「私にはできませんッ」とか言って涙は明らかに出ていなかった(笑い)

 ゆかりタン(佐藤ゆかり)は遠くから見ると確かに整ってるけど、近くから見ると・・。魅惑のボディーラインとかはないね。常にエルメスのベルトして、今日(12日)はバッグもそう。相当なエルメス好きみたい。

 小池百合子は?

 汗ダラダラ流してる顔がスゴく白くて・・。ライバル陣営は「今日、暑くなって雨とかふらねぇかなあ」とか化粧崩れを期待してました。ところがなぜか小池が街頭演説する時は雨降らないんですよ。小泉もそう。8000人集めた時も雨が降ってきたのは小泉が演説を終えて車に乗り込んだとたんでしたから。

 岡田はその逆。高田馬場で田中真紀子と演説を始めた瞬間どしゃぶりの雨が・・。演説が終わったら雨はやんだ(笑い)

 小泉は天を味方につけた感じがしますね。

 小泉に嫌われて小泉が一番信頼できる小池を刺客として送り込まれた小林興起は散々だな。秘書も選挙違反でパクられるし・・。

 小林陣営は当初から警視庁捜査二課の24時間行動確認対象になってたんです。もともと身内の不正を監視する捜査班が張り付いてて、その名も通称「トカゲ」。完全私服でいつ何時も追跡できるようバイクで移動するらしいですね。選挙を違反の立件は一見ジミですが警察内部ではかなりポイントが高く、何年分もの評価に値する。

 11日夜9時に新党日本の本部を出た小林は選挙事務所で深夜2時に会見するまで、自宅とかいろいろ回っていたそうです。秘書の逮捕は11日夕方ですからこの日の夜のうちに身辺整理をしてたのかもしれません。

 あの早稲田の輪姦サークル「スーパーフリー」にも過去、小林興起の秘書を名乗る小林事務所の学生バイトが出入りしてたんです。ホント、スタッフに恵まれないね。

 興起担当のナカミー(フジテレビ・中野美奈子アナ)も、選挙特番で出番をなくして悲惨だな。

 フジは、男性候補に男子アナ、注目女性候補には女子アナを張り付かせて”マドンナ対決”させる予定だったんです。その唯一の例外が小林興起とナカミー。”美女と野獣”的なエッチっぽい演出を狙ってたのに結局中継が飛んじゃった。あ、ちなみにナカミーの代わりにトチったのはスタジオの西山喜久恵アナ。「開票速報」を「開票ソクソー」って1回言いましたよ。

 フジの女子アナといえばホリエモンだな。

 堀江のところに来たのはたしか、地元・尾道出身の西山と滝川クリステルが1回ずつ。開票当日はアミーゴ伊藤(男子アナ)でした。亀井静香のところへは全国区の女子アナが行ってましたが・・・。

 そういえば、選挙特番でOAした堀江インタビューも、ホテルのベッドに向かい合って座って話聞いてたのは安藤優子でした。フジはあえて若手女子アナをホリエモンから遠ざけたのかも。

 女子アナの代わりに、取材に来てた女性記者やディレクターは美人ぞろいでしたよ。堀江陣営のライブドア社員が「ウチに来ない?」ってスカウトしてました。あと、堀江にベタ付きの民放記者の目撃談ですが、堀江には大手出版社Kの女子ライターが食い込んだよんです。

 K社が出してる週刊誌は美人ライターをライブドア内部に食い込ませたって聞いている。IT社長はキレイな子が相手だとペラペラしゃべるからなぁ。その女ライターはスパイなんじゃないのか?        (敬称略)


私的に一番インパクトがあったのは片山さつきさん。「今どき?」と思わず口走ってしまったあの髪型。うちらが高校生の頃に流行ったんじゃないかな~~。あの頃からずっと髪型を維持してるんだとすれば大したもんだと思います。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

お酒のチカラ・・ [某夕刊紙ネタ]

またまた出ました!某夕刊紙ネタ!今回は

「酔ったらスゴイ女性タレントはこの人」

記事はコチラ↓

”酒豪伝説”といえば和田アキ子。でも実は、アッコだけではない。酒を飲んで笑う人、大荒れになる人、男に寄り添う人・・・その酔い方は女優といえども千差万別。そんな酒豪エピソードを一挙公開!

まずはこの人。小泉今日子だ。「目黒にあるバーで泥酔するまで飲んでいる姿がいまだに目撃されていますよ。以前はひとりで飲んでいてもカウンターのボーイを相手に楽しい酒だったんですがね」と常連客はいう。

小泉、昨年2月に永瀬正敏と離婚。それ以降、浴びるように酒を飲むことが多いとか。見かねた親友の中森明菜が「体に悪いよ」と注意したという話もある。

その明菜も「以前はウオッカをロックで飲んでましたからね」(明菜の知人)

新人女優の”イビリ”が常に噂になる泉ピン子は、酒が入ると愚痴り酒になるようだ。

「西麻布にある行きつけのすし屋でその店の大将に”わたし、いじめてなんかいないよね”と何回も同意を求めて愚痴ってましたよ」(TBS番組関係者)

最近、テレビでお目にかからなくなったタレントのマリアン。時々、銀座、六本木の高級クラブにバブリーな紳士と出没する姿が目撃されている。

「ベタッと男に寄り添っていますよ。酔うと甘え上手になるんです。一段と色っぽくなりますね」(六本木クラブ関係者)

酔うと女を忘れてしまうタレントもいる。

「山田邦子ですよ。酔うと、カラオケのマイクを握って離さない。ひとりで散々歌った後は、カウンターでいびきをかいて寝てしまったこともありますよ。あの、アッコが手を焼いたほどですからね」と話すのは某テレビ局のプロデューサー。

「女になったカルーセル麻紀も、シャンパンのドンペリをポンポン空けて、気がついたらスッポンポンになっていたことはしょっちゅう。まあ、襲う勇気のある男は少ないと思いますが・・・」(前出のプロデューサー)

元モーニング娘。の保田圭は、酔うと抱きつき癖が出るそうだ。「保田はベロベロになるまで飲むんです。酔うと誰彼かまわなく抱きつくんです。男にとっては歓迎したい酒ですよ」(民放局ディレクター)

酔うのは結構だが、せめて自分を見失わないように。

 

なるほどね。意外だと思うのもあり、「そうだな~」と思うのもあり・・・。キョンキョンはおいらの世代では超アイドル。あぁ、イメージが・・・しかも明菜に「体に悪いよ」と注意されるなんて・・逆だったら解るけど(^^ゞ

おいらの周りでもお酒で変わる人間はいる。酔うと(女性なのに)オヤジになる人、妙に色っぽくなる人、説教を始める人、愚痴っぽくなる人・・・面白いね。これだから飲み会は辞められない。

え?おいら?・・・やたら陽気になるらしい。それと、物凄く顔が赤くなるんですよ。サワー1杯で赤くなるから「もう酔ったの?」と言われる。全然酔ってないんだけどね。でも、若い頃に比べれば随分お酒に弱くなった気がするなぁ~(泣)


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

第二の騒音オバサン事件 [某夕刊紙ネタ]

この間の「色々雑感」記事で書いたけど、隣人トラブルが一宮市で起きている。先日日テレ系のニュースで報じてたんだけど、それに某夕刊紙が食らいついたようで細かく書いてあったので紹介しましょう!

タイトル

朝の4時から壁ガン、ガン、ガン

フライパン叩き老女

あの大騒音おばさんに続き、今度は大騒音おばあさんが出現した。奈良県でCDラジカセを2年半も大音量で鳴らし、「引越し!引越し!」とわめき散らし近隣に大迷惑をかけた”騒音おばさん”が話題となったが、愛知県では10年以上もフライパンを叩き大騒音を巻き起こしていた老女(71)がいた。いったいなぜそんなことになったのか?本紙は24日、この”フライパンおばあさん”を独占直撃!

ラジカセ7台も

いったい、どんな物で騒音を出しているのか

「以前は外でラジオを24時間流していました。フライパンを叩くことは最近ないですね。(コーポとの間に2年ほど前建てられた)防音壁を叩くぐらい。まぁ3つほどフライパンを用意はしています。ラジオもずっと使っていると大きな音が出なくなるので、どんどん買い換えていますよ。最高で7台くらいあったかな(自宅には実際、5台のCDラジカセがあった)」

いつからこうしたことを始めたのか

「うちの主人は10年前に亡くなったんです。肝臓がんで。その後、近所の態度が手のひらを返すように変わった。隣の家の主人に『クソババア!この23年間、静かな日は一日もなかった』と言われたんです。うちの主人は『周囲とは仲良くしろ』と言う人でしたからこちらも、それまではお隣がうるさくても文句も言わず、ご近所ともうまくやっていました。しかし、もう気を使うのはやめようってね。町内会からも脱会しましたよ」

それから騒音を出すようになったのか

「違いますよ。その後、いろいろと嫌がらせが続いたんです」

どういう嫌がらせですか

「石でガラスを割られました。警察にも届けましたが、犯人は分からない。家の鍵も2回壊された。家の前にゴミを置かれたり、たんを玄関に吐かれたこともありました。チョークで囲んで丸を書いたら、その後収まったけどね。裏庭に入ってきて、自転車をパンクさせられたこともしょっちゅう。だから周りには有刺鉄線をして入って来れないようにしたんです。警察のすすめで監視カメラもセットしましたよ」

私だって被害者

ではコーポの住人に対してはなぜ嫌がらせをするのか

「主人は亡くなるまで3年間、自宅療養しました。その時主人が私に『あのにおいをなんとかしてくれ』と頼んできました。あの姿を思い出すと今でも涙が出ます。換気扇がこちらに直接、向いているのでくさくて寝られないんです。家主に頼みましたが、何もしてくれなかった。夜中に騒ぐし給湯器の音も凄い。そんな嫌がらせをするからです」

その仕返しというわけですか

「仕返しじゃない。こういうことをやれば、こうなるということを教えるためです」

しかし、今はあまりにおいも音もしませんが

「人が来ているのが分かるとやらないんですよ。警察や役所の人が来てもやらないんです」

死んでもやめぬ

今後も続ける気ですか

「とりあえず1週間は様子を見ます。でもやめない。死んでもやめない。私の人生は終わってる。今は惰性で生かされている。捕まってもいいんです。警察にもそう言ってます。あの『騒音おばさん』だって何か理由があったと思います。気持ちは分かります。私も悪いことをしているつもりはない。他人の敷地に入ったわけでもない。うるさいのが嫌なら出て行けばいいんだ。人に悪く見られてもいい」


警察も市役所も困惑~報復おそれ被害届出せぬ住民~

近所の住民は”フライパンおばあさん”のやりたい放題の暴挙に、我慢する日々が続いている。「以前は夜中の間中、フライパンを叩きっ放し。最近は生活のリズムなんですかね、朝4時から8時ぐらいまで叩いて、それからラジオです。防音対策?できるわけないじゃないですか。数キロ先まで聞こえるんですよ」(付近住民)

町内会を通じて一宮市役所や所轄の警察署に何度も苦情を願い出ているが、まるで効果はない。「うちの課では、平成15年7月から説得に当たっています。最近では7月中旬に説得に行きましたが、聞いてもらえません。行政としては(法的な拘束力は)持ちませんし。いったいどうしたらいいのか?困惑はしていませんが苦慮はしています」(一宮市役所高年福祉課・伴安幸課長)

警察も何度も説得に訪れているが、住民からの被害届が提出されていないことから手も足も出ない状況。「警察から”被害届を出してください”と何度も頼まれていますが、逮捕されてもどうせすぐに出てくるんでしょ?うちは子供もいるし、恨まれて仕返しされるのが怖い。とても元気な方ですし。とにかく刺激しないように、そっと生活するしかない」(コーポ住人)とあきらめの表情。


マスコミでこれだけ取り上げられてるんだから行政も何とかしなきゃならないんじゃないかねえ??

ここまで過激じゃないにしてもこういうバアサンってよく居るよね。結局ヒマなんだろうな。こんな事をするエネルギーと時間があれば何か他の事に使えばいいのに・・。きっとこのバアサン、寂しい思いをしてるんだろうから、市も再婚相手や話し相手を探してやるとかしてやればいいんじゃないのか?もう自分が異常だっていう感覚もマヒしてるんだろうからねぇ~。

毎日騒音が聞こえてりゃ、近所の人たちもたまったモンじゃないだろう。一日も早くこの街に平和が訪れますように・・。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - 某夕刊紙ネタ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。